ぐるぐるきゃんでぃ

日々のさまざまなニュースをお届けいたします

    エンタメ

    1:2013/08/26(月) 03:24:12.72 ID:
    テレビドラマ「半沢直樹」に見る「正しき者は強くあれ」 | ザ・リバティweb
    http://the-liberty.com/article.php?item_id=6558

    TBSテレビ日曜日、連続ドラマ「半沢直樹」が初回から好調で、3週連続で視聴率首位を守っている。
    視聴率が30%を超えた日もある。視聴率競争でここ数年4位が定着しているTBSだが、久々の大ヒットだ。

    ドラマ「半沢直樹」の主人公・半沢直樹は、東京中央銀行・大阪西支店の融資課長。
    「やられたら倍返し」を信条にしている。支店長の強引な指示で融資した5億円がこげつき、
    全責任が半沢直樹に押し付けられてしまう。

    部下の手柄は上司のもので、上司の失敗は部下の責任にされることがあるサラリーマン社会の中で、
    小気味いい捨てセリフと共に、知恵と行動力と粘りで5億円を取り返し、
    支店長に罪を認めさせていく爽快感が共感を呼んでいる。6話からは舞台を東京に移して、
    120億円の損失を出した老舗ホテルの経営再建を、半沢直樹が任されることになる。

    このドラマが大ヒットしているのは、半沢直樹が理不尽な仕打ちを受けながらも、
    泣き寝入りをしたり、卑屈になったりせず、あくまで正義を追求していくその姿勢にあるだろう。
    正しき者が強くなければ、会社も国も守れないのだ。「仕方がない」と諦めるのではなく、
    堂々と正論を述べ、反撃する勇気と気概が必要であることが、このドラマから伝わってくる。
    【【ドラマ】 「半沢直樹」に見る「正しき者は強くあれ」】の続きを読む

    1:2013/08/26(月) 12:59:47.20 ID:

    22日に東京・西新宿のマンションから飛び降り自殺した歌手藤圭子さん(享年62)の長女で
    歌手宇多田ヒカル(30)が26日、コメントを出した。オフィシャルサイトに掲載されたコメントは以下の通り。

     8月22日の朝、私の母は自ら命を絶ちました。
    様々な憶測が飛び交っているようなので、少しここでお話をさせてください。

     彼女はとても長い間、精神の病に苦しめられていました。
    その性質上、本人の意志で治療を受けることは非常に難しく、家族としてどうしたらいいのか、
    何が彼女のために一番良いのか、ずっと悩んでいました。

     幼い頃から、母の病気が進行していくのを見ていました。
    症状の悪化とともに、家族も含め人間に対する不信感は増す一方で、
    現実と妄想の区別が曖昧になり、彼女は自身の感情や行動のコントロールを失っていきました。
    私はただ翻弄されるばかりで、何も出来ませんでした。

     母が長年の苦しみから解放されたことを願う反面、彼女の最後の行為は、あまりに悲しく、
    後悔の念が募るばかりです。

     誤解されることの多い彼女でしたが… とても怖がりのくせに鼻っ柱が強く、正義感にあふれ、
    笑うことが大好きで、頭の回転が早くて、子供のように衝動的で危うく、おっちょこちょいで放っておけない、
    誰よりもかわいらしい人でした。
    悲しい記憶が多いのに、母を思う時心に浮かぶのは、笑っている彼女です。

     母の娘であることを誇りに思います。彼女に出会えたことに感謝の気持ちでいっぱいです。
    沢山の暖かいお言葉を頂き、多くの人に支えられていることを実感しています。ありがとうございました。

    25年8月26日 宇多田ヒカル [2013年8月26日12時0分]
    http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20130826-1179073.html
    宇多田ヒカルオフィシャルサイト
    http://www.emimusic.jp/hikki/from_hikki/

    【宇多田ヒカル(30)、母の自殺事件に「彼女はずっと精神病だった。ありがとうございました」】の続きを読む

    1:2013/08/25(日) 20:18:14.72 ID:
    “子育て優先女優”といわれながらドラマ『救命病棟24時』(フジテレビ)に主演している松嶋菜々子(39)に離婚危機が囁かれている。
    「松嶋は子供のために『救命病棟24時』の収録を早く終わらせようと努力しているのに、仕事がない夫の反町隆史(39)は別荘のある琵琶湖でブラックバス釣り三昧。
    さすがの松嶋も呆れていますよ。広がる収入の格差で“マスオさん”状態の反町は、孫の顔を見に自宅にやってくる松嶋の両親とバツが悪いのか、顔を合わせたくないそうです。
    でも、このままの状態が続けば離婚に追い込まれますよ」(ドラマ関係者)

    ドラマ『GTO』(フジテレビ)で人気俳優として大ブレイクした反町は2001年に松嶋と入籍。その後、2人の女児が誕生した。
    「ところが、松嶋と結婚後、徐々に仕事が減って、今年の主演は2月に放送されたフジの金曜プレステージ『捜査一課 澤村慶司』の単発だけ。
    12月に公開される映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』に出演していますが、主演は佐藤健、反町は準主役。
    仕事の激減は視聴率が取れないこともさることながら、現場での態度が横柄で共演者やスタッフから嫌われているんです」(ドラマ関係者)

    妻の松嶋は、2年前に放送されたドラマ『家政婦のミタ』(日本テレビ)で見事復活を果たし、ギャラも高騰。反町との収入格差は広がる一方だ。
    「それでも、松嶋は宮沢りえと並んで“子育て優先女優”といわれているんです。夏休みに入った子供のためにも一緒にいる時間を作ろうとやり繰りしている。
    ドラマは平均15%の視聴率をまだキープ。仕事と家庭を両立する姿が女性視聴者の共感を呼んでいるんです。
    『救命病棟24時』以降も、仕事のオファーが殺到しています」(ドラマスタッフ)

    一方、反町は私生活の“ドーベルマン訴訟”で名前が出たくらい。ドラマや映画では話題になっていない。
    「仕事がないなら子供の面倒をみるなどして忙しい松嶋を助けるべきですよ。ところが、琵琶湖に行って自分が夏休み同然。これでは夫婦仲もおかしくなります」(女性誌記者)

    某ベテランマネジャーがこう指摘する。
    「昔、古手川祐子と結婚した田中健は収入格差から“マスオさん”状態に追い込まれて離婚した。反町も似ていますよ」

    離婚回避には“救命措置”が必要?

    週刊実話 2013年08月25日 14時00分
    http://wjn.jp/article/detail/4421791/

    【【芸能】松嶋菜々子 離婚危機…”マスオさん”状態の夫 反町隆史 は釣り三昧、広がる収入格差(週刊実話)】の続きを読む

    1:2013/08/25(日) 21:18:14.17 ID:
    日本テレビ系のチャリティー番組「24時間テレビ36 愛は地球を救う」は25日夜、約26時間半の生放送を終えた。

    同日午後8時現在の募金総額は、計4億3605万4731円だった。

    ソース:YOMIURI ONLINE
    http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20130825-OYT1T00634.htm
    【【テレビ】チャリティー番組「24時間テレビ36 愛は地球を救う」募金総額4億3605万円に】の続きを読む

    このページのトップヘ