ぐるぐるきゃんでぃ

日々のさまざまなニュースをお届けいたします

    IT

    • カテゴリ:
    d-br1_disc

    1: ぐるぐるきゃんでぃ 2016/01/23(土) 14:29:52.53 ID:ziNkkgNy0.net BE:837857943-PLT(12931) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/u_giko_ebi.gif
    昨年3月に発表された内閣府の消費動向調査を見ると、そうした傾向がよくわかる。
    テレビは30代以上の普及率はほぼ同じで97%以上だが、20代は94.6%。ブルーレイは、30代から50代は55%以上だが、
    他の世代は低くなっている。(グラフ参照)

    映画好きであれば、音や映像の質を重視するだろうが、とりあえず番組を録画するなら、ハードディスクで十分だろう。

    http://blogos.com/article/155407/
    no title

    【【疑問】なぜブルーレイは55%しか普及しなかったのか?】の続きを読む

    • カテゴリ:
    iphone

    1: ぐるぐるきゃんでぃ 2016/01/22(金) 01:41:12.929 ID:9RR7O5Ik0.net
    2015年→2030年には何がどうなるの?

    【【衝撃】2000年→2015年のテクノロジーの発達や人々の暮らしの変化がすさまじすぎる件wwwwwwww】の続きを読む

    • カテゴリ:
    iphone

    1: ぐるぐるきゃんでぃ 2016/01/20(水) 10:59:36.44 ID:CAP_USER*.net
    電波来ないよねぇ、と“つながり”の悪い場所で電波を探している我々にはなかなか想像できないが、
    “電磁波過敏症“とされる人は、かなり苦労して生活している。

    フランスの地方紙ル・プログレが伝えたところによると、70歳のマルグリットさんは、電磁波による
    健康被害がひどく、町に住んでいては避ける方法がないため、電気も水道もない森で、一人で暮らしている。

    同紙によると、マルグリットさんは森に住み始めて2年。
    以前はフランス東部、ローヌ・アルプ圏のサンテティエンヌという町に住んでいたが、
    健康被害から仕事を辞め、次第に社会的つながりを絶たざるを得なくなったという。

    「電磁波にさらされていると、頭痛や皮膚の発赤炎症など、いろいろ具合が悪くなるんです。
    ここにいれば最低限、そういうものから守られる」とマルグリットさん。
    だが、電磁波過敏症、というのは医学的に因果関係が明白になっておらず、「医者はどうすることも
    できないんです。私たちの症状は結局、精神科の範疇だといわれてしまいますが、絶対に違います」
    と訴えている。

    no title

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160120-00000001-ovo-life

    【【悲報】「電磁波過敏症」の女性、電磁波を避け、電気も水道もない森で孤独に暮らす】の続きを読む

    • カテゴリ:
    00-top

    1: ぐるぐるきゃんでぃ 2016/01/21(木) 17:20:13.24 ID:CAP_USER*.net
    【動画あり】予約殺到! 投げると自動飛行で追いかけてくる「ドローンカメラ」が発売前なのに売上額40億円を突破!!
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

    フィルムからデジタルの時代へと移行し、より小さくそして多機能になったカメラ。
    今や写真だけでなく動画も撮れるのは当たり前で、
    超コンパクトなのに超望遠レンズが搭載されているものや防水のものなど、
    様々な特徴を持った製品が販売されているが……。

    なんと、今度は投げると自動飛行で追いかけてくるドローンカメラの登場だ!
    その名前は「リリー(Lily)」。
    これが予約注文で6万台を突破。売上額に換算すると約40億円(3400万ドル)になるほどの
    超絶な人気だというではないか!!

    ▼被写体を追いかけながら空撮

    このリリー、何が凄いかというと「全部」と即答したくなるほど使い勝手もスペックも凄いのだが、
    中でも大きな特徴は、冒頭でもお伝えしたとおり空中に放り投げるだけで被写体を追いかけながら
    空撮してくれるところ。

    ▼操作が簡単

    操作の手順をみてみると、まず被写体となる人物が手の甲ほどの大きさのディスク型の通信機を身につける。
    その後、ドローンカメラ・リリーを空中に放り投げれば自動的に飛行開始だ。
    あとは身につけておいた通信機を追いかけるようにして最長で20分間の空撮をしてくれるという。

    動画では、ポイっとリリーを空中へ放り投げた瞬間に自動飛行が始まり、
    人物を追いかけている様子を見ることが出来るのだが、操作がシンプルで実に簡単そうである。
    ちなみに、最高で時速約40km(25マイル)もの飛行スピードが出る点にも注目だ。

    ▼防水設計

    これだけでも驚きなのに、まだ素晴らしい機能がある。
    それは、リリーは防水設計となっており水の上に着水させられるという点だ。
    例えば、川下りなどの水を被るようなアクティビティーにも難なく対応出来るというのだから、
    これはもう驚くしかない。

    ▼静止画は1200万画素で動画はフルHD

    続いて画質だが、静止画は1200万画素、動画はフルHDに相当する解像度で、
    さらには専用アプリで映像を瞬時にシェア出来るという。
    動画の解像度が4Kに対応していないのが惜しいが、趣味で活用する分には必要十分なスペックといえよう。

    ▼価格は事前予約で約9万4000円

    気になるお値段は、2016年1月20日時点の事前予約で約9万4000円(799ドル)となっており、
    後の一般市場価格は約11万7000円(999ドル)を予定しているとのこと。

    ▼リリースは2016年の夏頃

    製品のリリースは2016年の夏頃で、現在予約を受け付けているのは米国配送分のみだ。
    ただ、今後一般市場で流通するようになれば世界中で大ブレイクする可能性は十分にあるから、
    ドローンカメラから目が離せないぞ!

    画像:no title


    ▼「リリー(Lily)」の解説動画がこちら。
    https://youtu.be/4vGcH0Bk3hg



    ロケットニュース24 2016年1月21日
    http://rocketnews24.com/2016/01/21/695338/

    【【衝撃】投げると自動飛行で追いかけてくる「ドローンカメラ」が発売前なのに売上額40億円突破(動画あり)】の続きを読む

    • カテゴリ:
    cb350

    1: ぐるぐるきゃんでぃ 2016/01/21(木) 22:48:07.11 ID:CAP_USER*.net
    時事通信 1月21日 17時0分配信

     電子情報技術産業協会(JEITA)が21日発表した2015年のパソコン国内出荷台数は、前年比32.2%減の735万5000台と3年連続で減少した。

     スマートフォンやタブレット型端末の普及に押され、比較可能な07年以降最大のマイナス幅となった。 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160121-00000101-jij-bus_all

    【【悲報】パソコン出荷 32.2%減 スマホ普及でパソコンを使う人が減ってるのねえ助けて!?】の続きを読む

    このページのトップヘ