ぐるぐるきゃんでぃ

日々のさまざまなニュースをお届けいたします

    IT

    • カテゴリ:
    img_4

    1: ぐるぐるきゃんでぃ 2016/01/18(月) 18:27:39.47 ID:dbhLIx/C0.net BE:406630752-2BP(2029)
    sssp://img.2ch.sc/ico/3-2.gif
    先日【石田衣良×ホリエモン対談】出版業界にはチャンスしかない!という記事が配信されました。
    その中で、ホリエモンの年収がわかるヒントが隠されていました。

    ①メルマガの収入
    「僕の場合は、それが「メルマガ」です。今、僕のメルマガ読者数は15000人くらいですが、彼らがそれぞれ毎月800円を払ってくれる。」

    15000人くらいのメルマガがいるとのこと。

    月額800円で手数料が一般的に登録料の50%(まぐまぐhttp://www.mag2.com/pubinfo/)と言われているので、一会員当たり400円だとすると。

    400円×15000×12ヶ月=7200万円

    おおよそメルマガだけで年収が7200万円あるといえます。

    ②サロン収入


    「「サロン」と呼んでいる月1万円の席を用意しました。そこには会員が650人」

    1万円×650人×12ヶ月=7800万円

    「その上に月50万円のVIPの法人会員が50人いる。」

    50万円×50人×12ヶ月=3億円

    サロン収入を合計すると、

    一般7800万円+VIP3億円=3億7800万円

    今回発覚した年収とは

    しかしながら今回の対談を参考にすると最低でも

    メルマガ収入+サロン収入を合計すると、

    7200万円+3億7800万円=4億5千万円

    最低でも4億5千万円は年収があることがわかりました。 👀
    Rock54: Caution(BBR-MD5:7bff9ed63942b4cd01610d20b2c06e65)

    【【衝撃】ホリエモンの年収が発覚!?年収4億5千万!】の続きを読む

    • カテゴリ:
    wzr-hp-g302h_m1

    1: ぐるぐるきゃんでぃ 2016/01/22(金) 01:34:12.62 ID:Q8ywZ9BU0.net
    家のWi-FiがLTEより遅いレベルなんやがこれ買い換えたほうがええんか?
    プロパイダーのAUからもろた6年選手とかなんやけどこれクソ雑魚なん?

    【【求】無線LANルーターに自信ニキ】の続きを読む

    • カテゴリ:
    ios7_line_bug_01

    1: ぐるぐるきゃんでぃ 2016/01/21(木) 20:59:40.38 ID:CAP_USER*.net
    2016年01月21日 11時50分更新

     ベッキーさん川谷さんのスキャンダルが、さらに拡大した。1月21日木曜日発売の週刊文春が、新たにベッキー謝罪会見前日のLINEスクリーンショットを掲載している。なぜLINE画面は漏れてしまうのだろうか。原因と対策をまとめる。

    「逆に堂々とできるキッカケ」「オフィシャルになるだけ!」
    謝罪会見前日のベッキーさん・川谷さんのLINEを文春が再び掲載

     ベッキーさん・川谷さんのスキャンダルは再びエスカレートしている。1月21日木曜日発売の週刊文春が、新たにベッキーさん謝罪会見直前のふたりのLINE画面を掲載してしまったのだ。

     週刊文春によればベッキーさんが会見を開いた1月6日の前日(5日)のものだとして、「友達で押し通す予定!笑」に続き、以下のようなやり取りのLINEスクリーンショットを掲載している。

    右(川谷さんと思われる)「逆に堂々とできるキッカケになるかも」
    左(ベッキーさんだと思われる)「私はそう思ってるよ!」
    右「よし!」
    左「そうとしか思えない。」
    右「ありがとう文春!」
    左「オフィシャルになるだけ! ありがとう文春!」

     というやり取りだ。最後にはベッキーさんだと思われる書き込みで「センテンス スプリング!」というギャグまである。センテンス=文、スプリング=春というわけだ。謝罪会見の前日に、こんなやり取りがあったのには驚かされる。

     週刊文春は、LINE画面の出元については書いていない。しかしふたりの情報を知る「音楽関係者」のコメントとして「会見当日もベッキーは『いっぱい電話しよう』『数ヵ月ぶりにあったら、どうなっちゃうんだろう」と川谷に伝えており、
    彼も思いを抑えることなく返しています」と掲載している。LINEの流出は、この「音楽関係者」が関係していると考えていいだろう。

     なぜプライベートのLINE画面が、1月7日の文春、21日の文春の二度にわたって流出してしまったのだろうか。3つの仮説が考えられる。

    (続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
    引用元:アスキー http://ascii.jp/elem/000/001/107/1107839/

    【【恐怖】 ありがとう文春!ベッキー・ゲス極事例からLINEの安全はどうなっちゃうの!?】の続きを読む

    • カテゴリ:
    ColecoVision

    1: ぐるぐるきゃんでぃ 2016/01/19(火) 17:47:36.13 ID:qKwMNoY/0.net BE:844761558-PLT(13051) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/iyou1.gif
    80年代前半、すでにゲームが大好きだった方にとっては当たり前だと思いますが、ColecoVision(コレコ)をプレイしたことはあるでしょうか?
    息の短いゲーム機ではありましたが、当時のアーケードゲームを自宅で遊べるようにした革新的な機種でした。

    そんな知る人ぞ知る懐かしのゲーム機が、なんとカムバックします! そうです、ちゃんとゲームソフトをプレイできる、新しい家庭用ゲーム機としてコレコが戻ってくるんです。

    http://www.gizmodo.jp/sp/2016/01/post_663643.html
    no title

    【【悲報】まさかとは思うけどこれを見て懐かしいと思うようなオッサンはいないよな?】の続きを読む

    • カテゴリ:
    index

    1: ぐるぐるきゃんでぃ 2016/01/20(水) 12:18:56.69 ID:iwn9knuL0●.net BE:886559449-PLT(22000) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/8toushinnomonar32.gif
    人類は前進しないのか! 2015年もっとも使われたパスワード

    テクノロジーは短い間で著しい進化を見せます。2年といえば、大きな変化が見られてもちっともおかしくない期間。
    一方、まったく進歩しないのは、テクノロジーを開発し使う側の人間。2013年、2014年と引き続き、2015年ももっとも
    よく利用されているパスワードに大きな変化なし…。

    SplashDataは、毎年盗まれた何百万というパスワードをリストにし、ランキングにして発表しています。2015年、
    200万という盗難パスワードの中からトップに輝いたのは…「123456」。もう脱力ですね。

    2015年、最も使われたパスワードトップ25。()は、昨年との比較。
    1. 123456 (昨年と同じ)
    2. password (昨年と同じ)
    3. 12345678 (1つ↑)
    4. qwerty (1つ↑)
    5. 12345 (2つ↓)
    6. 123456789 (昨年と同じ)
    7. football (3つ↑)
    8. 1234 (1つ↓)
    9. 1234567 (2つ↑)
    10. baseball (2つ↓)
    11. welcome (新)
    12. 1234567890 (新)
    13. abc123 (1つ↑)
    14. 111111 (1つ↑)
    15. 1qaz2wsx (新)
    16. dragon (7つ↓)
    17. master (2つ↑)
    18. monkey (6つ↓)
    19. letmein (6つ↓)
    20. login (新)
    21. princess (新)
    22. qwertyuiop (新)
    23. solo (New)
    24. passw0rd (新)
    25. starwars (新)

    25位、来ましたね「starwars」。その年に大きく話題になったものがパスワードになるケース。
    過去には、バットマンやスーパーマンもありました。昨年トップ25から外れた「princess」もカムバック。
    パスワード、もう1度よく考えてみてください。これで大丈夫か?とね。
    http://www.gizmodo.jp/2016/01/password123456.html

    【【悲報】未だにパスワードを「123456」にしてる奴ってバカなの?普通は…!】の続きを読む

    このページのトップヘ