20141105194023

1: ぐるぐるきゃんでぃ 2016/01/21(木) 18:17:18.45 ID:kgmhjxl+0●.net BE:194767121-PLT(13001) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/nida.gif
http://news.livedoor.com/article/detail/11088285/

ハンナさんの話はこうだ。金欠だった彼女が、友人と入ったカフェにて “1杯のお湯” と “1枚のレモンスライス” を注文したところ、2ポンド(約330円)の請求を受けたのだとか。
・ハンナさん「高すぎ!」と激怒

もっと安いと思っていた彼女は、この料金にビックリ。ウェイターに「なぜ、ただの水がこんなに高いのか」と文句を言うと、「レモンスライス1枚のコストを知っているか?」と
“失礼な態度” で質問を返され「レモンスライス1枚は、1人分のお茶と同じ(2ポンド)」だとの回答があったそうだ。

ちなみに、友人が頼んだチョコレートケーキは1.9ポンド(約315円)だったそう。ハンナさんは店の料金設定とウェイターの態度に怒り心頭で、投稿は「もう二度と行かないし、
友人にも家族にも行かないように言ってまわる」と、締めくくられていた。
・店長はどう反論したのだろう?

すると『 Bennet’s Cafe & Bistro』の店長が、同サイト上でハンナさんの投稿に返答。「 “ぼったくり” だと感じられたことを、残念に思います」と書いた上で、「あなたがカフェに入ると、
ウェイターが席に案内し、メニューを渡しますね。オーダーが決まるのを待って、注文を受け……」と、ハンナさんを接客したウェイターの仕事を1つ1つ列挙していったというのだ。
・家賃や光熱費、人件費だってかかるのだ

そして、店長の説明は、以下のようにお金の話にうつっていく。

「お店を経営する上で、家賃、光熱費、銀行手数料などの諸経費がかかります。1時間あたり27.5ポンド(約4600円)ほどでしょうか。そして、人件費だってかかります。
従業員には、1人の人間がまっとうな暮らしを営めるだけの給料を支払わなければいけません。有給休暇、保険料、オープン、クローズ作業なども含めて、人件費は1時間12.5ポンド(約2000円)ほどです」

計算すると、店を運営するには1時間で40ポンド(約6600円)、1分間で67ペンス(約110円)の費用がかかることになり、付加価値税を加えたハンナさんへの2~3分間の接客には、
1.6ポンド~2.4ポンド(約260~390円)必要なことが判明したのだった。

【【悲報】原価厨がコップ一杯の水で金を取られ激怒するも店長に完全論破されるwwwwwwww】の続きを読む