ぐるぐるきゃんでぃ

日々のさまざまなニュースをお届けいたします

    値段

    • カテゴリ:
    YjHrXl

    1: ぐるぐるきゃんでぃ 2016/01/26(火) 20:08:00.33 ID:ZEqzEGBh0.net BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
    sssp://img.2ch.net/premium/8114876.gif
    ソニーは、スポーツ向け「ウォークマンW」の新製品「NW-WS410シリーズ」を2月13日に発売する。
    4GBモデルの「NW-WS413」と8GBの「NW-WS414」を用意し、価格はオープンプライス。
    店頭予想価格は4GBが11,000円前後、8GBが14,000円前後。カラーはブラック(B)、ブルー(L)、ホワイト(W)の3色だが、4GBはブラックのみ。

    防水対応のウォークマンで、ランニングや水泳などで利用可能。
    IPX5/8相当の防水対応と、IP6X相当の防塵性能を有しているほか、海水(塩水)にも対応。海でのスイミングやヨガでの利用が可能になった。
    さらに対応温度もマイナス5度~45度まで拡大し、寒冷地でも利用できる。

    IPS6X相当の塩水・防塵対応

    マイクを活かした「外音取り込みモード」を新搭載
     耳付近にラウンドした構造を持たせることで、従来モデルより装着性を向上。
    さらに、ニーズが高かった「外音取り込みモード」を追加した。
    外音取り込みモードは、内蔵マイクにより周囲の音を集め、音楽にミックスすることで、外部音を妨げずに会話やスポーツを楽しめるもの。

     Mode A(ボリューム低)、Mode B(ボリューム中)、Mode C(ボリューム高)の3モードを用意し、用途にあったボリュームに設定できる。
    なお、外部音以上のボリュームにはならないため、補聴器としての利用はできない。

    装着性を向上

    操作ボタン部。アルバムスキップにも対応
     ユニットは13.5mmのEXヘッドフォンで、ハウジング部のボタンで再生/停止、スキップなどの操作が可能。
    新たにアルバムスキップ機能も追加された。対応楽曲形式は、MP3、WMA、AAC、WAV、ATRAC。

     バッテリ駆動時間も強化され、約12時間(MP3 128kbps。NWD-W270は約8時間)の利用が可能。
    なお、外音取り込みモード利用時は約8時間。3分充電で60分の再生が可能な「クイックチャージ」に対応する。重量は約32g。

    ソニー、外音取込+海水対応のジョギングウォークマン
    http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20160126_739558.html
    no title



    【【朗報】ソニー、海水に対応したウォークマンを発売!氷点下45度でも利用可wwwwwwwwww】の続きを読む

    photo_gyudon_102900

    1: ぐるぐるきゃんでぃ 2016/01/24(日) 15:10:22.07 ID:TgBKNSiPd.net
    頭おかC

    【【悲報】すき家のチーズ牛丼好きな奴wwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    • カテゴリ:
    00-top

    1: ぐるぐるきゃんでぃ 2016/01/21(木) 17:20:13.24 ID:CAP_USER*.net
    【動画あり】予約殺到! 投げると自動飛行で追いかけてくる「ドローンカメラ」が発売前なのに売上額40億円を突破!!
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

    フィルムからデジタルの時代へと移行し、より小さくそして多機能になったカメラ。
    今や写真だけでなく動画も撮れるのは当たり前で、
    超コンパクトなのに超望遠レンズが搭載されているものや防水のものなど、
    様々な特徴を持った製品が販売されているが……。

    なんと、今度は投げると自動飛行で追いかけてくるドローンカメラの登場だ!
    その名前は「リリー(Lily)」。
    これが予約注文で6万台を突破。売上額に換算すると約40億円(3400万ドル)になるほどの
    超絶な人気だというではないか!!

    ▼被写体を追いかけながら空撮

    このリリー、何が凄いかというと「全部」と即答したくなるほど使い勝手もスペックも凄いのだが、
    中でも大きな特徴は、冒頭でもお伝えしたとおり空中に放り投げるだけで被写体を追いかけながら
    空撮してくれるところ。

    ▼操作が簡単

    操作の手順をみてみると、まず被写体となる人物が手の甲ほどの大きさのディスク型の通信機を身につける。
    その後、ドローンカメラ・リリーを空中に放り投げれば自動的に飛行開始だ。
    あとは身につけておいた通信機を追いかけるようにして最長で20分間の空撮をしてくれるという。

    動画では、ポイっとリリーを空中へ放り投げた瞬間に自動飛行が始まり、
    人物を追いかけている様子を見ることが出来るのだが、操作がシンプルで実に簡単そうである。
    ちなみに、最高で時速約40km(25マイル)もの飛行スピードが出る点にも注目だ。

    ▼防水設計

    これだけでも驚きなのに、まだ素晴らしい機能がある。
    それは、リリーは防水設計となっており水の上に着水させられるという点だ。
    例えば、川下りなどの水を被るようなアクティビティーにも難なく対応出来るというのだから、
    これはもう驚くしかない。

    ▼静止画は1200万画素で動画はフルHD

    続いて画質だが、静止画は1200万画素、動画はフルHDに相当する解像度で、
    さらには専用アプリで映像を瞬時にシェア出来るという。
    動画の解像度が4Kに対応していないのが惜しいが、趣味で活用する分には必要十分なスペックといえよう。

    ▼価格は事前予約で約9万4000円

    気になるお値段は、2016年1月20日時点の事前予約で約9万4000円(799ドル)となっており、
    後の一般市場価格は約11万7000円(999ドル)を予定しているとのこと。

    ▼リリースは2016年の夏頃

    製品のリリースは2016年の夏頃で、現在予約を受け付けているのは米国配送分のみだ。
    ただ、今後一般市場で流通するようになれば世界中で大ブレイクする可能性は十分にあるから、
    ドローンカメラから目が離せないぞ!

    画像:no title


    ▼「リリー(Lily)」の解説動画がこちら。
    https://youtu.be/4vGcH0Bk3hg



    ロケットニュース24 2016年1月21日
    http://rocketnews24.com/2016/01/21/695338/

    【【衝撃】投げると自動飛行で追いかけてくる「ドローンカメラ」が発売前なのに売上額40億円突破(動画あり)】の続きを読む

    613+CV481UL

    1: ぐるぐるきゃんでぃ 2016/01/21(木) 11:28:51.69 ID:okk7MGh30.net BE:837857943-PLT(12931) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/u_giko_ebi.gif
    『ラムちゃん等身大フィギュア』1,000,000円(税・送料込)

    小学館集英社プロダクションは、高橋留美子さんの人気マンガ「うる星やつら」に登場する"ラムちゃん"を1/1スケールで立体化した製品
    『ラムちゃん等身大フィギュア』を、2016年1月22日12:00に発売する。

    同製品は、作者である高橋さん監修のもと、造形集団・秋山工房が原型製作を担当した、
    全高約164cm(台座使用時約170cm)の等身大フィギュア。等身大フィギュアとしては珍しいとされる"躍動感"のあるポーズでキャラクターを表現、
    星の台座には高橋さんのサイン(自筆プリント)が入る。

    シリアルナンバー入りで、価格は1,000,000円(税・送料込)。注文は「小学館PALSHOP・大人の逸品」にて。1人1体限り、限定50体の販売となる。
    ハンドメイド製品のため、製品ごとに塗装や寸法に若干の個体差が生じる場合も。

    https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/30120
    no title


    「小学館PALSHOP・大人の逸品」
    http://www.pal-shop.jp/products/detail.php?product_id=20892#

    【【衝撃】限定50体!ラムちゃんの「等身大フィギュア」1体100万円 1人1体までwwwwwwwwww】の続きを読む

    20141105194023

    1: ぐるぐるきゃんでぃ 2016/01/21(木) 18:17:18.45 ID:kgmhjxl+0●.net BE:194767121-PLT(13001) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/nida.gif
    http://news.livedoor.com/article/detail/11088285/

    ハンナさんの話はこうだ。金欠だった彼女が、友人と入ったカフェにて “1杯のお湯” と “1枚のレモンスライス” を注文したところ、2ポンド(約330円)の請求を受けたのだとか。
    ・ハンナさん「高すぎ!」と激怒

    もっと安いと思っていた彼女は、この料金にビックリ。ウェイターに「なぜ、ただの水がこんなに高いのか」と文句を言うと、「レモンスライス1枚のコストを知っているか?」と
    “失礼な態度” で質問を返され「レモンスライス1枚は、1人分のお茶と同じ(2ポンド)」だとの回答があったそうだ。

    ちなみに、友人が頼んだチョコレートケーキは1.9ポンド(約315円)だったそう。ハンナさんは店の料金設定とウェイターの態度に怒り心頭で、投稿は「もう二度と行かないし、
    友人にも家族にも行かないように言ってまわる」と、締めくくられていた。
    ・店長はどう反論したのだろう?

    すると『 Bennet’s Cafe & Bistro』の店長が、同サイト上でハンナさんの投稿に返答。「 “ぼったくり” だと感じられたことを、残念に思います」と書いた上で、「あなたがカフェに入ると、
    ウェイターが席に案内し、メニューを渡しますね。オーダーが決まるのを待って、注文を受け……」と、ハンナさんを接客したウェイターの仕事を1つ1つ列挙していったというのだ。
    ・家賃や光熱費、人件費だってかかるのだ

    そして、店長の説明は、以下のようにお金の話にうつっていく。

    「お店を経営する上で、家賃、光熱費、銀行手数料などの諸経費がかかります。1時間あたり27.5ポンド(約4600円)ほどでしょうか。そして、人件費だってかかります。
    従業員には、1人の人間がまっとうな暮らしを営めるだけの給料を支払わなければいけません。有給休暇、保険料、オープン、クローズ作業なども含めて、人件費は1時間12.5ポンド(約2000円)ほどです」

    計算すると、店を運営するには1時間で40ポンド(約6600円)、1分間で67ペンス(約110円)の費用がかかることになり、付加価値税を加えたハンナさんへの2~3分間の接客には、
    1.6ポンド~2.4ポンド(約260~390円)必要なことが判明したのだった。

    【【悲報】原価厨がコップ一杯の水で金を取られ激怒するも店長に完全論破されるwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ